そばダイエットは、今まで食べていたカロリーオーバーな食事をそばに置き換えるだけで、大幅にカロリーカットできるというメリットがあります。反面、そばダイエットのデメリットとしては、今までそばと同じくらいのカロリーを摂取していた人にとっては、あまり、効果が感じられないという点です。

そばは、低GIなので白米やうどんを食べるより、血糖値の上昇が緩やかなため、太りにくいと言われています。それでも、有酸素運動などをしていないと、そばを食べる習慣をつけただけでは、なかなか痩せにくいかも知れません。

特に代謝の落ちている中高年は、お昼をそばにしただけでは、なかなか効果を実感できないというデメリットがあります。天気の良い日は、散歩に出かけたり、車で移動するところを徒歩や自転車にしてみるというのもお勧めです。

また、てんぷらなどのカロリーの高いトッピングはNGですから、どうしても味のバリエーションに乏しく、飽きてしまうということもデメリットに感じるかも知れません。毎日同じでは飽きるという場合には、他の置き換えダイエットやかさ増しダイエットなどと組み合わせて取り組むのもお勧めです。