全身の毛穴から一斉に毛は生えていません。

毛穴の部分によっても変わりますが、全体の三分の一くらいの毛穴から毛が生えていて、残り三分の二については毛が生えていない状態になっています。

毛は実は生えたり抜けたりというものを繰り返していて、生えている部分によって、毛が生まれてから抜けるまでの間には違いがありますが、この毛が生えてから抜ける、そして次にまた毛が生えてくるといったサイクルを繰り返しています。
このサイクルのことを毛周期と呼んでいます。毛周期は3つの期間に分けることが出来ます。
まずは毛の根元の部分にある毛乳頭から栄養を取り入れ、毛母細胞が細胞分裂をして毛を成長させていきます。
この時期を成長期と言います。毛母細胞の細胞分裂が一段落して成長を止める時期を退行期といます。
退行期の最後には毛が抜け、毛穴に毛がない時期が生まれます。
この時期を休止期といます。
休止期は毛を再生させる活動が行われていませんので、毛穴には毛がなく、毛母細胞もお休みをしている時期になりますので、脱毛施術の影響を受けることがありません