キャベツダイエットとは、3度の食事の前に、ざく切りした生のキャベツ6分の1個分を食べることで、ダイエット効果を狙おうというものです。よく噛んで食べると満腹感が持続し、食事の量を減らすことができます。キャベツダイエットの効果を得るには、10分くらい時間をかけてするとよく、ざく切りにしたキャベツを食前に食べるようにします。

ざく切りにする理由は、そうすることで噛まないといけなくなるからです。噛むことで満腹中枢が刺激されるので、キャベツダイエットをすると、少ないおかずで満足できるようになります。噛み応えのある生のキャベツを食事の前菜で食べると、満腹感がすぐに得られるので、食べ過ぎを防止することができます。キャベツは食物繊維豊富なので、キャベツダイエットで便通改善効果も期待できます。

お腹周りをすっきりさせて痩せやすい体型になることができるので、実践する意義は大きいです。良く噛むことで満腹中枢が刺激されるので、特に食べすぎ防止効果は高いです。キャベツは食物繊維が豊富なので便通が良くなります。まさに一石二鳥のダイエット法と言えます。